本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

男性の家事・育児参画を進めるにはどうしたらいい? 課題はある?
 東京都が行った「男性の家事・育児参画状況実態調査」の結果を、大正大学心理社会学部准教授で男性学が専門の田中俊之さんと、NPO法人ファザーリング・ジャパンの理事で東レ経営研究所チーフコンサルタントの塚越学さんが分析。気になるポイントを指摘しました。

田中俊之さんと塚越学さんの写真

田中俊之さん(左)と塚越学さん

【調査方法】

調査は2019年8月23日から29日かけて東京都在住の18歳以上70歳未満の男女5000人(うち2000人は未就学児を持つ男女)を対象にインターネットを通じて行われました。

家事の担当は「妻がほぼ全て」「どちらかといえば妻」で90%

ーまずは未就学児を持つ男女の家事の分担状況について見ていきましょう。小さい子供を育てながらの家事は大変ですが、結果を見ると、女性の回答でいえば、「妻がほぼ全て担っている」と「どちらかといえば妻が多く担っているが、夫も一部担っている」が、合わせて約90%を占めています。

夫と妻の家事分担の状況(単数回答)
塚越

男女に多少違いはありますが、概ね女性が家事を担うケースが多い現状は見て取れます。今までもいろいろなデータを見てきましたが、どれも同じような傾向があったので、やはりこれがリアルなのだと感じます。

田中

変わりつつあるところだとは思いますが、男性の方が収入が多く働く時間が長いことを考えると、妻の方に家事が偏る傾向になりがちではあります。それが顕著に出ている結果ですね。

家事の分担を話し合っていない

ーではなぜ、妻が担うケースが多いのでしょうか? 先ほど「妻がほぼ全てを担っている」と回答した人にその理由を聞いたところ、男女ともに「夫の仕事が忙しいから」が最も多くなっています。一方で「話し合いで分担を決めたから」と答えた人は、男性で「6.3%」女性では「0.7%」しかいません。

家事を「妻がほぼ全て担っている」理由(複数回答)
塚越

「話し合いで分担を決めたから」と答えた人が少ないだけでなく、「特に決めたわけではないがなんとなく」の割合が多いことは気になりますよね。しかも、この「特に決めたわけではないがなんとなく」は、「妻がほぼ全て担っている」以外の分担状況でも総じて高い。「どちらかといえば妻が多く担っているが、夫も一部担っている」では男性が33.2%、女性が32.7%、「夫と妻で平等に担っている」だと男性が35.8%、女性は43.8%。つまり、家事の分担については話し合わずに、なんとなく決まっているという現状がわかります。

田中

話し合うことなく進めてしまうと、すれ違いが起こりがちですよね。そのときは良くても後になって不満が生じてくるケースも少なくない。だからこそ、ちゃんと話し合って、お互いが納得した形を見つけることが必要だと思います。

田中俊之さん
塚越

一方で、「夫の家事スキルが低い」という答えの割合は女性だけでなく、男性も多い。つまり、夫自身も家事スキルが低いことを自覚していることがわかります。ここはシンプルに改善の余地がある部分ではありますよね。スキルを上げるための機会を探したり、作っていったりしたらどうでしょうか。

田中

おっしゃる通りだと思います。それともう一つ、「妻がほぼ全て担っている」と思う理由で、「夫の育った家庭環境や夫の親の考え方の影響」を挙げた割合が男女で大きく違うんです(男性5.6%、女性20.6%)。女性は夫の育った環境の影響が大きいと感じているけど、男性はそこが理由だと思っていない。認識にギャップがあるんです。

塚越

そう、そのギャップを放置したままだと、夫は自分に対する妻の評価に気づくことができません。これは、分担状況が改善しない一つの要因だと思うので、夫婦で話し合いをする必要が感じられます。

Contents

第13回 男性の家事・育児参画は進んだ? 東京都の調査結果を分析!

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。