本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

スペシャリストからのアドバイス(2)

読み方のコツ絵本よりも子供の表情を見ましょう

絵本を読み終えたら、子供から「もう一回!」の声。これは最高にうれしい瞬間です。では、どう読むと、子供が喜ぶのでしょう。絵本の読み聞かせ&コンサートのイベントを全国で開いている大友剛さんに質問しました。

大友剛さんの写真

子供たちに読み聞かせをする大友さん

読み方 その1子供の様子をよく見る

最初に、パパやママ自身に読み聞かせをすることを楽しんでほしいと思います。読み聞かせは絵本を通じて行う自己表現だと言ってもいいくらいです。だから大切なのは、あなたがどう読みたいか。決して上手に読む必要はありません。まずは読み聞かせをする時間を大切にしてください。絵本を読んでもらった時間は子供にとって宝物になると思います。

私が心がけているのは、読み聞かせをするときに子供の表情をよく観察することです。例えば、落ち着かない様子で絵本に向き合うのに時間がかかりそうなときは、ゆっくり待ってあげます。子供が何を感じているのか、何を楽しんでいるのかを表情から読み取り、子供に寄り添って、速度を変えるなど読み方を変えます。こうすることで同じ絵本でも毎日違うライブ感を楽しむことができるのです。絵本を読むというと、どうしても絵本ばかりに目を向けがちになります。読み聞かせは絵本を通じた子供とのコミュニケーションです。子供の様子に目を向けることも忘れないでほしいと思います。

読み聞かせのときは、子供の様子に目を向けることも忘れない

読み方 その2演出は控えめに

私も登場するキャラクターや場面に応じて演出を楽しみますが、やり過ぎるとかえってうまくいかないと感じることが多いので、一歩引いた感じの表現になることが多いかなと思います。ちょっとだけ声を落としてみたり、息遣いを工夫するといった「ちょこっとだけ演出」です。また、「ここぞ!」というところで私はあえて小さな声でささやくようにします。注目を集めようと大きな声を出すことは、むしろ逆効果だと思っています。

読み方 その3子供の関心に付き合う

子供が何に関心を抱いているかを大切にしてあげたいとも考えています。私も息子がいるので、家で読むことがありますが、そのときは、存分に息子が注目していることに付き合います。子供は脱線の天才です。大人とは違って細部まで見ている子供は、絵本の中の何かに反応して、その日、自分を興奮させた出来事を思い出したりすることもあります。

例えば絵の隅っこに描かれた石ころの色が、その日、初めて見たカマキリの色に似ているとか、ぽろっと言ったりするのです。そんなとき、私は読み聞かせを中断して、彼とカマキリの出逢いがどんなにセンセーショナルでドラマチックだったかという話にじっくりと付き合います。その対話も楽しいですし、次の読み聞かせの絵本選びに生かせます。絵本の読み聞かせは子どもとのコミュニケーションです。絵本を最後まで読み切ることが目的ではないと思っています。

子供と一緒に絵本を読むなら、まずお近くの図書館に行ってみてはいかがでしょうか。図書館には絵本が多数揃っています。絵本選びに困ったら本のアドバイザーである司書に相談してみましょう。

また小さな子供を連れていくなら、授乳やおむつ替えができるスペース「赤ちゃん・ふらっと」を備えた図書館もあります。子育て応援サイト「とうきょう子育てスイッチ」から探せますので、検索してみてください。
https://kosodateswitch.jp/flat/

Contents

第14回 どんな絵本を選ぶ? 上手な読み方はある? 絵本の読み聞かせで子供を楽しませるコツ

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。