本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

育休って実際どうなの?先輩パパ達に聞いてみた

積極的に子育てをしたいパパの希望を実現し、育児や家事の負担を夫婦で分かち合うことにつながる男性の育休取得。最近は、メディア等で話題になることも増えてきました。 しかし、令和2年3月公表の令和元年度東京都男女雇用平等参画状況調査結果を見ると、女性の育児休業取得率95.6%に対し、男性の取得率は11.8%にとどまっています。

男性の育休取得率向上のためには、企業に男性が育休を取得しやすい仕組みや環境作りが必要なことはもちろん、当事者男性が育休取得を前向きに捉える意識が重要です。 そこで、今回は、育休を取得した先輩パパとそのパートナーのママに、育休取得の経緯、育休取得による意識の変化、育休期間中を有意義にするためのポイントなどを伺いました。 さらに、これからパパとなるプレパパに育休についての考えを聞きました。

前例が少ない中2ヵ月間の育休を取得。
育休後は、より効率的に業務を行えるようになった。

三井不動産グループの三井不動産ビルマネジメント株式会社に所属する足立優介さん。 創業35年以上の歴史ある企業で、足立さんが育休を取得するまでは男性の取得者はわずかだったそうです。 しかし、近年、社内報で育休取得の特集が組まれるなど、男性の育休取得に前向きに取り組んでいます。そんな企業にお勤めの足立さんご夫妻に、育休取得までの経緯や取得後の自分の変化についてお話を伺いました。

育休を取った理由は、妻が里帰り出産をしないことになったため、私が妻のそばにいる時間を増やし負担を減らそうと思ったからです。妊娠中のつわりなどの辛い様子をみていたので、出産後にはなるべく力になりたいなと。また、育児に対しては、二人でスタートラインに立つことができ、側にいることで、不安な場面も相談しながら育児ができるのではと思いました。 出産予定の約4ヶ月前に、人事部に育休制度について、どのような制度になっているか確認をし、上司や部署内にも取得の要望を伝えました。要望を伝えた際には、取得に向けてどのように引き継ぎを行っていくかなど現実的に前向きな話し合いをすることができ、応援をしてもらうことができました。その後は、育休中の業務の棚卸し、リストアップを行うなど、皆さんに協力してもらい、引継ぎを行いました。

育休中に家事・育児を行ったことで、普段妻にこれだけの負担を強いていたのかと気づかされ、以前より感謝を伝えるようになりました。仕事では、少しでも家族との時間をもてるように、限られた時間の中で効率よく進められるよう、より意識するようになりました。 育休を取得した際に、社内の先輩ママさんや友人のママさんから「本当に助かると思う!」「羨ましい!」という声を多くもらい、思った以上にパパに育休を取得して欲しいと思っている方が多くいることを知りました。

ぜひパートナーの方に、希望を聞いてみてください。その上で、もし取得して欲しいという希望があれば、前例がなくても会社に相談してみると、私のように応援してもらえるかもしれません。 改めて考えると、家族とこれだけの長い時間を共にすることは定年するまでないかもしれません。 そう考えると家族にとって貴重な時間でしたし、育休を取得してよかったと心から感じています。

職場の先輩達から育児の大変さを聞いていたので、夫から「育休を取得しようかな」という話を聞いたときにはホッとしました。 育休中は、料理や洗濯、掃除などの家事を率先して行ってくれました。また、育児中に子ども以外に会話をできる相手がいることで、リフレッシュができ、心の拠り所になりました。 出産はママの身体に想像以上の負荷がかかります。そのため、より主体的に家事をしてもらえると助かりますね。産後の1ヶ月程度はすべてをお願いしたいくらいです(笑)

Contents

育休って実際どうなの?先輩パパ達に聞いてみた

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。