本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

新型コロナウイルス感染症流行の影響で、 自宅で子供と接する時間が増えた家庭も多いと思います。

テレビや動画配信サービスなどで、受動的に楽しむだけではなく、 子供達が能動的に自ら行動する遊びを通じて学び、 成長してほしいというパパも多いはず。

そこで今回は、お家でできる楽しい音遊びをテーマに、 専門家の方々から 音楽と子供の触れ合い方や、楽器を使った音の楽しみ方 歌に合わせて手や指を動かす手遊び歌のやり方などのお話をうかがいました。

音楽を通じて子供とコミュニケーションをとろう!

玉川大学のリベラルアーツ学部で、人の特徴である言語や音楽など音声によるコミュニケーションや、子供と音楽について研究し教鞭を取る梶川祥世さん。 音楽が子供にどのような影響を与えるのかという大きなテーマから、子供と音楽を通じて接する際のポイントなどをうかがいました。

子供の情動をコントロールする歌の役割

音楽にも様々な種類がありますが、特に、歌は子供の感情をコントロールしやすいという研究結果がでています。また、歌は特定の場所や物、時間を必要とせずにおこなえる手軽なコミュニケーション方法であるため、だれでも簡単に取り入れやすく、子供の発育に影響を与えることができる点でも優れているといえますね。

親が子守唄や童謡を歌うことで、子供は前にも聞いたことのあるメロディや歌声に落ち着き、安心を感じます。自分が知っていることを再認知することで、嬉しい気持ちを引き起こすようです。 親も子供の安堵している姿や楽しんでいる姿をみると、喜びになり、関わりあえているという認識を得られ、一体感、絆が生まれ、満足感を得るきっかけになります。

話しかけることよりも、テンポやフレーズが統一されているので、歌は親しみやすく子供の反応も良いので子供とのコミュニケーションに取り入れてみると良いかもしれません。

また、歌に併せてダンスを行うと更に効果的です。1歳程度の子供と大人が一定時間ダンスをすることで、子供の中に仲間意識が芽生え、初対面の方でもかんたんに警戒心がなくなり、お手伝いをしようとする素振りを見せたというような研究結果もありますね。

音の種類と子供の反応

歌や音を聞かせる際にその種類によっても子供の反応に変化がでることがわかっています。

例えば、子供が機嫌の良いときに、ゆっくり、のんびりとした音楽を聞かせることによって、次第に眠くなります。生後わずかな子供であっても、音楽から気持ちを感じ取る力がすでに優れているため、このような様態の変化をみることができます。 声が低いと怒っている、声が高いと喜んでいるといった、感情表現も理解することができます。

ただ、音程が理解できるようになる6歳程度までたくさん音楽を聞かせたからといって、プロになれるほど歌がうまくなったり、リズム感が優れるなど、音楽の才能を開花したり、能力を取得できるかというとそこはあまり関係が無いと思います。(笑)

年齢と音楽のふれあい方

歌いかけることによる子供の状態の変化は、生後3ヶ月から見ることができます。よそ見をしている子供に親が歌いかけることで、声をだしたり、手足をばたつかせるなど、明らかな反応の違いがあります。

1〜2歳では、自分の好みの音楽を知り、曲によって目を輝かせたり、アクティブな反応を示します。3〜5歳では、次第にリズムをとることができるようになり、自分の声や周りの声に合わせ、歌いはじめます。6歳以降になると、音程をとることができるようになります。 親から一方的に歌いかけることも必要ですが、子供の反応によって動き方や歌い方を変化させることで子供に楽しい感覚を味わってもらうことも大切です。

親が楽しむと子供も楽しい

子供に伝えよう、喜ばせようと気負うのではなくパパ・ママ自身が好む、楽しめる音楽を分け合うというスタンスでいるほうが、子供も楽しい気持ちになります。昨日聴かせた歌を覚えているか、縦揺れと横揺れどっちのほうが喜ぶかというような実験感覚で、子供の心地よさを探す楽しさを味わってください。

Contents

お家の物で演奏会!パパと音をつかって楽しもう!

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。