本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

暑さが去り、過ごしやすくなる秋は じっくりとお絵描きに取り組むのにぴったりの季節。 子供と一緒に絵を描いて遊んでいると、 子供ならではの自由な発想に驚くことも多いのではないでしょうか。

今回は、 お絵描き遊びや美術館の楽しみ方など、
絵を通じて親子のふれあいを深めるためのポイントを紹介します。
絵が苦手なパパ・ママも、お絵描き遊びが楽しくなること間違いなし!

子供とお絵描きでコミュニケーションを取ろう

子供との遊びの中で取り入れられることが多いお絵描き。
親子で楽しくお絵描きをするためには、どのようなことを意識すると良いのでしょうか。

25年間保育士として勤め、現在はお絵描きにおける対話の重要性について全国各地で講演会等を行っている
土居桃子さんにお話を伺いました。

土居桃子さん

お絵描きは子供とのコミュニケーションツール

皆さんのお子さんは、どんなときに絵を描きますか?
保育園や幼稚園では、雨の日の室内遊びとしてお絵描きをさせたり、塗り絵を与えたりします。
しかし、このように絵を描くことがある種の"イベント"になり、作品作りが"目的"となっていることを私は少し懸念しています。

歌を歌ったり、砂場で遊んだりするのと同じように、もっと日常的に行われるべきだと思います。
絵は生活の中で学んだことが自然に表現されるため、言葉では十分に伝えられない子供の想いを知るための非常に有効なコミュニケーションツールです。

パパ・ママは表現された絵に込められた想いを聴くように感じとり、子供の感情を知ることが重要です。

年齢別の子供のお絵描きの変化とコミュニケーションの取り方

子供によって個人差はありますが、子供の絵は年齢に応じて次のように変化していきます。

1歳頃は自我を全面に押し出し、腕の往復運動による半円の弧を描いたような線でなぐり描きをします。
腕を動かすことで線が現れることを楽しむような絵ですね。

2歳頃はことばを使い、描いた絵に「ママ」「パパ」と名前を付け始めます。
そして始点から終点まで一つの線で結ぶことができた○を描くようになります。
このあたりから、子供はなにか描きたいものをイメージしてから手を動かすことができるようになります。

3歳頃は、子供が何を描いたのか、どんな気持ちなのかをたくさん聴いてあげることでイメージが広がります。
「今日は動物園に行ったからその絵を描いてみよう」とテーマを絞ってあげることで、迷わず1つのことをイメージして描くようになります。
子供にせがまれてパパ・ママが上手な絵を描いてしまうことで、子供の自尊心を下げてしまうことがあるので、子供のレベルに合わせた絵を描くようにするなどを気をつけましょう。

4~5歳頃になると、絵の上を示す太陽をよく描くようになります。
○に見立てるだけでなく、△□などの図形も描くようになります。
また、仲間意識が芽生え、自分がどのように見られているかを意識しはじめるため、他人と比較されたり駄目出しをされてしまうと、描くことへの恐怖心や嫌悪感を抱いてしまう時期でもあります。

5歳以降の子供はパパ・ママからの「何を描こうか?」という声がけで自分なりのテーマを決められるので、自由に絵を描かせてあげましょう。
そのあとにしっかり絵について“傾聴”し、「どんな気持ちだったか」など想いを聴いたり、具体的に褒めたり、認めたりすることでコミュニケーションは図れます。

土井さんが講演会等で子供の年齢別の絵の変化について説明するときに使用している図
土井さんが講演会等で子供の年齢別の絵の変化について説明するときに使用している図

子供のお絵描きにどのように関わるとよいのか?

絵を描く子供に対して、パパ・ママはどのように触れあえばよいのでしょうか。

まずは大前提として、子供の自由な表現を否定しないことが大切です。それは個性を否定することに繋がります。
パパ・ママが子供の絵について面白がって“聴く”ことで、子供は絵が大好きになり、「もっと描きたい」と意欲的になります。

大好きな人に褒められることは何よりの心のごちそうです。
子供の考えを受容し、共感し具体的に褒めましょう。
「この描き方はとてもイメージが湧くね」、「楽しそうに描けているね」というように自分が感じた、“いいね”を伝えていきましょう。

日常生活でも絵を通しても「できた」成功体験を増やし、自己肯定感を高められるようなアプローチを続けていくことが大切ですね。

Contents

芸術の秋到来!パパと絵を楽しもう!

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。