本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

スマホやコンパクトカメラの性能が上がり、誰でも手軽に写真を撮ることができるようになりました。しかし、撮りためた写真データを現像せずに、なんとなく端末に保存したままの方も多いのではないでしょうか?そこで、手作りアルバムのレシピサイト、「アルバムキッチン」を運営するいろは出版の代表取締役であり、詩人としても活躍するきむさんに、写真をアルバムという形で残す意義について伺いました。

詩人きむさん

写真と言葉で”想い”を”届けよう”

私は、身近な誰かが悩んでいたり、夢や目標に向けて頑張っている人の心に何か力を届けたいと思い、大学生時代から写真と言葉で作品をつくり始めました。

友人に見せて「感動した」などのコメントをもらったり、路上販売を行ったりして自信をつけ、更に多くの人に作品を広めたいと思い会社を立ち上げました。「人生の大事な決断ができた」、「前向きになれた」などの手紙やメールを頂き、それらは私の励みになっています。

多くの写真を撮る機会が増えている昨今ですが、その写真を言葉と共に相手に「届ける」ことに重きを置いているので、その方法としてアルバムに価値を感じています。

詩人きむ作品
アルバム

写真には大きく2つの価値があると思っています。
一つ目は、自分の体験を共有する写真。二つ目は、思い出を残すための写真です。一つ目は、例えばSNS。共有するということにおいて写真×デジタルという組み合わせは力がありますよね。二つ目は、思い出に残す。思い出とは過去のことではありますが、良い思い出も苦い思い出も含めて、明日をつくる力があると僕は信じています。そしてその思い出はアルバムのようにアナログで手で感じられるものの方がより、人のぬくもりが伝わり心に残ります。特に親子の時間は、アナログで写真に残しておくことがおすすめです。
写真を撮る、残す、共有するというコミュニケーションを親子で楽しんでもらいたいです!

我が子と出会うまでを記録するマタニティアルバムも、我が子に「こうやって生まれてきてくれたんだよ!」というメッセージも含めてつくっておくと、子供が大きくなった時にすてきな時間になると思うのでこれもおすすめです!

マタニティアルバム
マタニティアルバム

また、祖父母にアルバムを贈ることもおすすめです。
例えば孫の写真と自分(ママ・パパ)の幼少期の様子を並べて言葉を添えることで、想いを乗せた温度感のあるものを贈ると祖父母はさらに喜んでくれるでしょう。
オンラインやアプリで簡単に写真を共有できるようになったからこそ、手間暇を掛けて、写真を現物にし、言葉を添えるといった”届け方”を大切にし、幸せを共有してみてください。

Contents

パパは家族の専属カメラマン!写真や動画で思い出を残そう

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。