本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

お風呂は、親子でスキンシップを図り、
リラックスしてコミュニケーションがとれる大切な時間です。

でも子供がお風呂を嫌がって苦労しているパパ・ママも
多いのではないでしょうか?

そこで今回は、 お風呂を楽しい時間にするための工夫について
紹介します。

お風呂で家族の絆を育もう

今回は、助産師という立場から、執筆活動やメディア出演、講演会などを通し女性や育児のライフ支援者として活躍をされている川島智世さんに、子供とのお風呂の入り方や、ママとの連携のコツについてお話を伺いました。

川島智世さん

お風呂に入ることで得られる効果

お風呂には、大きく3つの効果があります。
一つ目は、子供を衛生的に清潔な状態に保ち、細菌感染を防ぐこと。お風呂に入ると、湿疹やかぶれなど肌に関わる様々なトラブルを予防することができます。
また、体を清潔にすること、下着を清潔に保つことの気持ちよさを、子供の体に感じさせることができます。
二つ目は心身ともにリラックスし、新陳代謝を上げ、寝付きが良くなること。湯船で過ごす時間を多くするとエネルギーを使うので、子供を深い眠りに誘い、夜泣きを防ぐこともできます。
三つ目は、歌を歌ったり、お湯やお水を使った遊びの楽しさを伝えるなど、知育遊びができることです。
それ以外にも親子のコミュニケーションの充実や身体機能の改善など、多くの利点を享受できるのがお風呂の時間です。

Contents

親子の絆が深まる!パパと一緒にお風呂に入ろう

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。