本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

親子のコミュニケーションを深める方法のひとつとして、
日常に英語あそびを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

2020年度から小学校に本格的に英語が導入されるなど英語教育の重要性はますます高まっています。
子供が幼少期に英語に興味をもつきっかけをパパがつくってみましょう。

お家で英語を取り入れよう!

今回は、小学校、および中高の外国語(英語)の教員免許をもち、30年以上に渡り子供に英語の指導を行うとともに、様々な媒体で執筆活動をしている清水万里子さんに、家庭や遊びの中で英語を取り入れる方法についてお話し頂きました。

清水万里子さん

英語教育は、慌てなくても大丈夫

英語を話せる方と出会ったり、海外に遊びに行ったりすると「私も英語を話せたらいいな」と思ったことはありませんか?近年ますますグローバルな社会となり、英語を使うことはもはや必須であると考えて早いうちから子供に英語を習わせたいと思っているご家庭も多いと思います。

まず最初に私が伝えたいことは、「そんなに慌てなくてもいいですよ」ということ。
子供にとって英語を学ぶことは、遊びの延長で楽しいコミュニケーションの方法として考えておきましょう。
大事なことは、幼児期に英語を嫌いにさせないことであり、子供自身が英語を使うことを楽しいと思うことです。
また、2000年頃から、未就学児を対象に英語で保育を行うインターナショナル・プリスクールや、その上の小学生以上に英語で教育を行うインターナショナル・スクールへ通う子供も増えました。
多様性のある教育的なメリットがある反面、就学期に日本語を学ぶ時間が少なくなってしまい、6年生になっても漢字で自分の名前を書けなかったり、親が子供に日本語で話しかけても返事は英語だったりする場合もあるようです。
様々なお考えがあるかと思いますが、主観としては、小学校低学年くらいまでは英語に慣れ親しむ遊びを中心にコミュニケーションをして、そこから英語を学ぶくらいでも良いでしょう。

Contents

楽しみながら身につけよう!パパと一緒に英語にトライ!

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。