本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

愛妻家で子育てに熱心なパパとして知られる俳優の杉浦太陽さん。2007年に辻希美さんと結婚し、イクメンオブザイヤーを何度も受賞され、現在は4児の父で、全国で家事・育児に関するトークショーなども行っています。

また、料理の腕を活かし、料理番組への出演やレシピ本も執筆しています。料理好きのパパ代表である杉浦さんに、料理をすることで育まれる家族のコミュニケーションや子供の成長について伺いました。

杉浦太陽さん

料理は、成長するスキル

イクメンや料理上手と言っていただけていますが、結婚前は全くそのようなことはなく、むしろ亭主関白気質であると自負していました。

しかし、結婚し子供を授かり妻の定期検診に同行するなかで、父としての自覚が次第に芽生えたこと、また辛そうな妻を助けたいという気持ちから、少しずつ料理や家事に取り組み始めたことで、次第に今の自分に変化していきました。

元々は、僕も妻も料理や家事はあまりできずに、母や義母に教えてもらいながら、少しずつ上達していきました。プロのシェフと全国を周る旅をする仕事を通じて、料理の方程式のようなものを学べたのも、料理が上達した理由かもしれないですね。

育児も家事も少しずつできるようになったことで、3人目が生まれたときくらいから妻とうまく協力し合うことができるようになり、充実した子育てライフを送れています。

杉浦太陽さん

台所で育むコミュニケーション

パパの中には、どうしても料理が苦手だったり、楽しさを感じない人がいると思います。でもまずは、妻の隣に立つ努力をしてみてください。

「洗い物やろうか?」「皮むこうか?」と自然にキッチンに立ちましょう。料理はできなくても、これらのお手伝いをすることはできます。

すると、自然と妻との会話の時間が生まれます。「今日は子供にどんな事があった?」「今日はどんな一日だった?」と聴くことで夫婦を知る、子供を知る大事な時間になります。

杉浦太陽さん

Contents

一緒に作るともっとおいしい!親子で料理を作ろう

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。