本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

皆さんのご自宅は、居心地が良いと言えますか?
コロナ禍に伴いお家時間が増え、家の中が散らかりがちな方も多いのではないでしょうか。
やらなきゃいけないと頭ではわかっていても、なかなかはかどらないお部屋の片付け。

今回は、 そんなパパ・ママに、 居心地の良いお家時間を過ごすために、
家族で片付けの習慣を身に着けるコツをご紹介します。

夫婦で話し合い、片付けを仕組み化しよう

「部屋がモノで散乱したり、片付けがうまくいかないのは、仕組みに問題がある。」とお話頂いたのは、整理収納コンサルタントとして、書籍やメディア、ブログ、SNSで多くの発信を行い、無理なく片付けが続く収納術を提案する本多さおりさん。
ご自身の実体験を基に、片付けがもたらす効果や、片付けを仕組み化する方法についてお話を伺いました。

本多さおりさん

夫婦仲も改善?!精神衛生的にメリットをもたらす片付け

散らかった衣類やおもちゃ、使いっぱなしの道具を見る度に気が滅入ることはありませんか?
育児や仕事に追われてしまい、家の片付けに時間を割く余裕が無い方は多いはずです。
家族でのんびり安らげる空間を作るための準備はある程度必要ですが、片付けやすい仕組みを作りあげ、すぐに片付く家で過ごすメリットは非常に多いです。

モノの置き場所を覚えていないパートナーと険悪ムードになることや、片付いてないことの苛立ちがなくなるため、家族の精神的な健康は非常に良好に保たれます。
どこに何があるのか、何が足りていないのか、無駄があるのかということを、夫婦が共に把握し片付けられる環境は、家事をシェアするきっかけにもなり、お互いの負担を減らすことにつながります。

重複買いや無駄買いがなくなることで経済的ロスを回避できたり、家事時間が短縮されることによって自由時間が生まれるなど、整理収納による効果は計り知れません。


ページ
仕組みづくりで、片付けを習慣化しよう

Contents

家族に居心地の良い空間を!親子で取り組む片付けのコツ

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。