本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

子供が着る服はパパ・ママが選ぶことが多いのではないでしょうか。
しかし、毎日どんな服を着せたらいいか考えるのは大変ですよね。

そこで今回は 子供の服選びのコツをご紹介。
今注目のリンクコーデを家族で楽しむコツもお伝えします。

服の機能を知り、子供が快適に過ごせる服選びをしよう

服の機能や選び方を知ることで、子供の健康や安全を守ることにも繋がります。
そこで、長年に渡り、衣服の働きを研究している横浜国立大学教育学部教授の薩本弥生さんに、子供の服の選び方について伺いました。

薩本弥生さん

服の役割を理解しよう!

服には体温調節をサポートする役割があります。
子供は体温調節機能が発達しておらず、常に一定の体温を保つ大人とは異なり、暑いと体温が上がり、寒いと体温が下がるというように気温の影響を受けます。
そのため、気候や気温をもとに服を選んだり着替えさせたりするだけではなく、子供を観察し、暑さ・寒さの感覚を聞きながら判断するようにしましょう。

子供は大人に比べて、基礎代謝が高く、発熱効率が高いため、特に冬の服装の求め方は大人と大きく異なります。
子供は冬でも活発に動き発汗するため、防寒を意識して厚着をしすぎてしまうと、動いたときに汗をかいて、その熱がうまく蒸発できず体温調節のバランスがくずれ、後で汗が冷えたときに風邪を引いてしまうことがあります。
保温しすぎず、大人より1枚薄い程度でも問題ありません。
目安としては、「パパがセーターなら、子供は厚めの生地を使った長袖Tシャツ」というような意識でも良いかもしれません。
体温調節を活かし、汗をうまくかいてもらうためには、服と身体の間に空気の流れができるようにすることを意識してください。
温かい空気は上に逃げる性質があるため、例えば、夏は大きめのTシャツやワンピースなどゆとりのあるものを選ぶことで、服と身体の間の空気が循環し、快適な衣服内環境が作られます。

子供が外で滑り台をしている画像

また、肌着の機能も十分に活かしましょう。
肌着には、汗だけではなく、身体からでる汚れも吸う役割があり、衛生面でも活躍します。
夏に肌着が必要かどうかを悩む方も多いですが、そこはTPOも関係します。
例えば、着替えの洋服を持っていて、汗をかいてもすぐに着替えができるシチュエーションであれば、肌着が無くても良いかもしれません。
逆に着替えることが難しく、1日同じ服装でいなくてはならないときなどは、肌着を着せることが望ましいです。

しかし、子供が暑がる場合など、肌着を纏うことが正解とは一概には言えない場合もあるため、状況によって対応するようにしましょう。
どんなに生地が薄くても、1枚より2枚のほうが暑くなることは頭に置いておき、子供の様子を見て判断しましょう。

肌着の画像

衣服による怪我や事故を避けよう!

子供の服は、デザインや快適性のほかに、安全性も考えて選ぶ必要があります。
例えば、滑り台を降りようとする際に首回りの紐が引っかかって首が絞まりそうになったり、ブランコに紐が引っかかって転倒したりすることがあります。
また、火元に近づきひらひらしたスカートに着火するケースもあります。
子供服が原因でどのような事故が起こりうるのかを知っておき、安全性の高い服を選ぶようにしましょう。


ページ
子供と一緒に服選びをしよう!

Contents

パパはスタイリスト!子供の服をコーディネートしよう

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。