本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

ボタンやゴムの付替え、保育園の入園グッズの制作など、
子供が小さいときには何かと必要となってくるのが裁縫のスキル。
ですが、学生時代に家庭科の授業で針を持ったのを最後に、日常生活で裁縫をすることはほとんどないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は 裁縫スキルを身につけるメリットをご紹介します。
後半では、裁縫初心者のパパが小物づくりに挑戦します!

裁縫は生活に役立つスキル!

1990年代初頭。当時では男性が家庭科の教員免許を取得することが困難であった時代に、それまで指導していた英語から家庭科の道へ転身した元高校教師の南野忠晴さん。
裁縫に苦手意識のある人も一歩踏み出して始められるようなお話をお伝えします。

南野忠春さん

性別関係なく裁縫をする時代へ

私は、自分がパパになったことを機に家庭科について興味を持ち始め、大学の通信制度を利用し家庭科を習い始めました。
そして1994年頃に教員として、家庭科の授業を受け持つようになりました。ちょうど私が教鞭をとり始めた頃、中学・高校で家庭科の授業を習うことが男性も必須になります。今の40歳半ばの人たちでイクメンと言われている人は、家庭科を習うようになった人たちが子供を持ち、その知識を使えるようになったことが理由の一つと考えられます。家庭科の男女共修は非常に重要な分岐点であったと感じますね。

また、いまの50歳以上の方々で、裁縫や料理などの家事に苦手意識がある人は、そもそも「学んでいないからわからない」ことが理由だと思います。「男子厨房に入らず」という言葉もありましたからね(笑)。裁縫は女性がやるものというイメージが強いのも、このような時代背景によると思います。

家庭科の教員になって間もなく、高校3年生の女子生徒が、1年生が男女共に調理実習を行っている姿をみて、「いいな、この子達は。男も女も家事をするのが当たり前の文化で育つことになるから。私達の年代は『女が家事をするもの。』と習って育ったから」と言っていたのを今でも鮮明に覚えています。その子はちょうど女性だけが家庭科の授業を受ける年代の最後の学生でした。

このような時代を経て、少しずつですが男性の家事・育児への参画に変化が現れていることに私は喜びを感じています。家庭科を習わなかった世代の男性も、定年後に裁縫を始めたり料理教室に通ったりと、家事に参画し始めています。これらが次の世代にも浸透し、男性が裁縫をすることが当たり前になると良いと思います。

裁縫スキルはメリットがたくさん!

小物や衣類などは一歩街に出ると安くて良いものが簡単に手に入る時代になりました。
裁縫ができないと着る服や小物がないというようなことはありません。そのため、中々ご自身で小物を作ったり、余った布を再利用したり、物を修理するというようなことも多くないかもしれません。しかし、裁縫のスキルを身に付けるメリットは大きいと思います。

例えば、シャツなどのボタンが取れた際に夫婦どちらも裁縫スキルを身に付けておけば、パートナーに頼ることなく自分でサッと直すことができますよね。ワッペンを貼ったり、破れた部分を補修することで服を長い期間着ることができます。
また職場でお洒落を楽しむために、シャツのボタンを自分好みのものに変えて楽しむことができます。自分のこだわりのためにパートナーに負担をかけることもありません。

ボタンを縫い付ける画像

裁縫は育児シーンでも大いに役に立ちます。入園グッズを子供の好みの布やキャラクターを用いて作ってあげることで、それらに愛着を抱き大切に使ってくれます。どこのお店にも売っていない自分だけのオリジナルをプレゼントしてみてください。

また、使わなくなったTシャツやハンカチを再利用し、巾着袋や雑巾に作り直したりすることで、エコになることを子供たちに伝えることもできます。SDGsに向けて家庭内から意識をもつきっかけになるでしょう。
裁縫だけではなく、料理、掃除、洗濯など家庭内において、パートナーや子供のために役立つスキルを身につけ自分でできることが増えると自信に繋がります。今後、何十年も今と同じような暮らしが続くかはわかりません。ちょっとしたことでも自分でできる“生き延びる力”を持つのはとても大切だと思います。

Contents

心を込めてハンドメイド!パパの裁縫で家族を喜ばそう

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。