本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

寒い季節は部屋の中でじっとして過ごしがち。
そんな時は、子供と一緒にダンスをして遊びませんか?
親子でリズムを合わせ、ノリノリで踊れば、心も身体も温まりますよ。
ダンスをしたことがないパパ・ママも大丈夫。

今回は、 子供と一緒にダンスを楽しむコツや
ダンスを盛り上げる手作りアイテムの作り方をご紹介します!

親子でダンスをしよう!

保育士からキャリアを始め、現在はダンスと保育を掛け合わせて親子ダンスイベント等を開催する株式会社ぎゅぎゅっとハッピー代表取締役の三原勇気さん。

三原勇気さん

ダンスは親子のコミュニケーションツール

私は学生時代から、ダンスを通して、言葉も国籍も年齢も異なる人達が笑顔になる瞬間を見てきました。
ダンスは単なる運動ではなく、人と人の心をつなぐコミュニケーションツールでもあります。
親子が一緒になって楽しむことで、お互いの感情を自然に共有することができ、お互いの存在を認め合い、親子愛を育むことに繋がります。

親子でダンスをする時、子供はただ身体を動かすことを楽しんでいるにも関わらず、親の皆さんが上手くできなきゃいけないと思ってしまい、ダンスにハードルを感じる方が多いです。
しかし、本来は手を挙げるその動作もダンスです。
手の挙げ方に上手い下手はありませんし、間違っていると指摘されることはなんだかおかしいですよね?子供にとっては、大好きなパパ・ママと踊ることは一つのイベントです。
そのため、楽しむことを最も大切にしてください。

ダンスは、見様見真似で行え、完璧を求める必要はないため、小さな“できた”が積み重ねやすく、子供にとっては自己肯定感を育みやすい運動です。
子供には「上手いからすごい」のではなく「そんな動きもできるんだ」というように、評価軸ではなく共感軸で褒め、認めることが大切です。

三原勇気さん

親子でダンスをする時に気を付けたいポイント

子供が安全にダンスを行うために、場所と服装には気をつけましょう。
両手を伸ばして、物にぶつからない距離感、衝撃がやわらぐ素材(ラグやマット、絨毯)の上などで行うようにしましょう。
服装は、スウェット素材など伸縮性のある動きやすいものを選ぶのが良いと思います。

また、子供はダンスを始めると夢中になり、水分補給を忘れてしまうことがあるため、子供の汗の量などを確認しながら適宜水分を取るように声がけをしましょう。

三原勇気さん

Contents

親子で踊ると楽しい!パパと一緒にダンスをしよう

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。