本文へ移動

パパズ・スタイル〜男性の「家事」「育児」をみんなで応援〜

文字サイズ

遊びを通してお金の大切さを知ろう

お金の大切さは遊びを通じて楽しみながら教えていくと効果的です。 例えば、普段やっている“ごっこ遊び”で、もう少し踏み込んでお金の動きの話をしてみると遊び感覚でお金について考えることができます。

おもちゃのお札やコインを用意して、親がお花屋さんやケーキ屋さんになりきり、商品を渡し、対価としてお金の受け渡しをします。それにより、お金を払った対価に物をもらえた感覚をつかむことができます。反対に、子供がお店屋さんをすることで、物を売ったからお金をもらえたということを学べます。

「普段パパ・ママがこうやって働いているから、お金があるんだよ。」と伝えたり、「お金をもらうためにはどうやって売ればいいかな?」と一緒に考えてみましょう。

ゲーム

お金の話は、生き方の話にも繋がります。
「どうやってお客さんにありがとうって言われたい?」「どうやって人の役に立ちたい?」「お花を売ったらママが喜んでくれた!」「パパはどうやって皆を喜ばせているの?」というような会話やシチュエーションを作ることで、お金を通じて自分の生き方や価値観について考える機会を設けてみましょう!

金融広報中央委員会では、知るぽると(https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/literacy/)というサイトを通して、金融リテラシーマップを発表し、年齢層別に最低限身につけるべき金融リテラシーについて公表をしています。

このようなツールも参考にしながら、子供にお金の大切さを伝えつつ、パパ・ママ自身も家庭のマネープランについて、今一度考える時間を設けてみてください。

まとめ

お金は生きていくうえで欠かせないものだからこそ、家族みんなで考えていきたいですね。
これを機に、夫婦でお小遣いの与え方を話し合ったり、子供に買い物ごっこを通じてお金の大切さを伝えるなど、お金を切り口としたコミュニケーションを実践してみてはいかがでしょうか。

  • 1
  • 2

Contents

子供だって興味津々!親子で“お金”について考えよう

トップページに戻る

Facebookコメント

コメント機能の使い方

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、東京都生活文化局は一切の責任を負いません(東京都生活文化局からのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。