ページの先頭です
  1. トップページ>  
  2. 地域活動・多文化共生>  
  3. 地域活動の推進(ボランティア、町会・自治会など)>  
  4. 共助社会づくり>  
  5. 都民等のボランティア活動等に関する実態調査
地域活動・多文化共生

都民等のボランティア活動等に関する実態調査

公開日:平成31年(2019)4月17日更新日:平成31年(2019)4月17日
 東京都では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、より多くの都民の皆様に様々なボランティア活動に参加していただくことを目指しています。
 東京都がボランティア活動を推進する中で、その一つの具体的な数値目標として、2020年度までにボランティア行動者率(過去1年間にボランティア活動に参加した10歳以上の都民の割合)が40%へ到達することを掲げています。
 この目標達成に向けた施策の参考とするため、ボランティア活動に関する取組状況等について、調査を実施しています。
 

平成30年度 調査結果 

平成30年度の調査結果は以下の通りです。調査に御協力いただき、ありがとうございました。

調査対象:10歳以上の都民 5,000人(※住民基本台帳に基づく層化二段無作為抽出法により抽出)
調査期間:平成30年101日~1031

調査のポイント1 ボランティア行動者率について

  • ボランティア行動者率(直近1年間にボランティア活動に参加した人)は27.5% (昨年比2.7ポイント増)
    [概要P4][本文P10]
  • 年齢別では、20代・30代の男性、20代の女性などの若い世代の行動者率が低い
    [概要P6][本文P11]

調査のポイント2 参加意向のあった人のうち参加しなかった理由

  • 直近1年間にボランティア活動に参加しなかった人のうち、1割は参加しようと思っていた
    [概要P18][本文P49]
  • 活動に参加しようと思ったが、参加しなかった理由として、「時間的余裕がない」、「活動する日や時間に都合が悪かった」、「参加方法などの情報が得られなかった」が続く
    [概要P19][本文P52]

調査のポイント3 ボランティア活動の情報の入手先、参加したきっかけ

  • 活動に参加した人の情報の入手先は、「学校、職場、団体が紹介しているものを見て」、「人から直接聞いて」が多い
    [概要P12][本文P36]
  • 参加したきっかけは、「自治会や子ども会など地域の活動を通じて」、「通っている学校での授業や活動、行事を通じて」、「家族や親戚・友人や知人の話を聞いて」、が多い
    [概要P14][本文P40]

調査のポイント4 参加したいボランティア活動について

  • 参加したいボランティア活動では、「子供を対象とした活動」、「町会・自治会の活動」、「東京2020大会関連のボランティア」が多い
    [概要P21][本文P58] 
  • 「東京2020大会関連のボランティア」への関心は、10代の女性で高い
  • 「東京2020大会関連のボランティア」に参加したい人がその他に参加したいと答えた活動は、「スポーツ・文化・芸術・学術に関係した活動」が最も多く、「子供を対象とした活動」、「自然や環境を守るための活動」、「災害に関係した活動」が続く
    [概要P22,23][本文P60,61]

※ 団体調査について
上記の調査のほかに、都内に事務所又は事業所を有する法人又はその他の団体(1,402団体)を対象にした調査を実施。詳細は調査報告書(概要・本文)をご覧ください。
期間:平成30年8月20日~10月31日

過去の調査結果

Get ADOBE READER

PDFファイルの表示にはAdobe system社の Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてお使い下さい。

このページに関するお問い合わせ先

都民生活部  地域活動推進課活動支援国際担当 

電話:03-5388-3156