ページの先頭です
  1. トップページ>  
  2. 地域活動・多文化共生>  
  3. 多文化共生の推進>  
  4. 在住外国人の生活支援(多文化共生の推進)>  
  5. やさしい日本語(にほんご)
地域活動・多文化共生

やさしい日本語(にほんご)

公開日:令和3年(2021)4月30日更新日:令和3年(2021)4月30日

 「やさしい日本語」とは、普通の日本語よりも簡単で、外国人にもわかりやすい日本語のことです。
 1995年1月の阪神・淡路大震災では、日本人だけでなく日本にいた多くの外国人も被害を受けました。その中には、日本語も英語も十分に理解できず必要な情報を受け取ることができない人もいました。
 そこで、そうした人達が災害発生時に適切な行動をとれるように考え出されたのが「やさしい日本語」の始まりです。そして、「やさしい日本語」は、災害時のみならず平時における外国人への情報提供手段として、さらには、子供や高齢者、障害者等とのコミュニケーションに非常に効果的なツールの一つとして、行政情報や生活情報、毎日のニュース発信など様々な分野で取組が広がっています。
 東京都は「やさしい日本語」の有用性や意義を広く周知するため、動画の作成や研修・イベント等を実施するとともに、「やさしい日本語」を活用した情報発信に取り組んでいます。

 

「やさしい日本語」に関するイベント等

 〇オンライン報告会『やさ日フォーラム』【令和3年2月開催】

 東京都は、「多文化共生社会の共通言語」としての「やさしい日本語」の普及を進めるため、在住外国人に対する支援などに携わる人々と知識や先進的な事例を共有する、『やさ日フォーラム』を開催しました。(東京都つながり創生財団・東京都国際交流委員会と共催)

  21_forum_1.JPG  22_forum_2.JPG 

  フォーラムでもご紹介した活用事例やツール等は下記のリンクをご覧ください!

 

「やさしい日本語」に関する調査

 〇東京都生活文化局「やさしい日本語に関する調査結果」(概要)【令和2年度】

 東京都が都内市区町村、国際交流協会、社会福祉協議会等を対象に実施した、「やさしい日本語」の活用状況やニーズ等についての調査結果(概要)です。

 

〇東京都国際交流委員会「東京都在住外国人向け情報伝達に関するヒアリング調査」 【平成30年3月】

 東京都国際交流委員会が都内在住・在勤の外国人100名を対象に実施した、困りごとや情報収集手段、希望する情報発信言語等についての調査結果です。

 

「やさしい日本語」に関する動画

〇普及啓発動画 ~ことばがつたわる こころがつたわる「やさしい日本語」~【令和2年10月】

 都内在住外国人は、約58万人と増加傾向にあり(令和2年1月現在)、国籍も多様化しています。日本人と外国人が地域で共に暮らし活躍していく多文化共生社会の実現には、お互いに歩み寄りながらコミュニケーションを取る「やさしい日本語」の活用が重要です。
 東京都では、都民の皆様に「やさしい日本語」を知っていただくため、30秒の普及啓発動画を作成しました。
「やさしい日本語」が分かる割合が高いことをご紹介し、「やさしい日本語」の意義と概念をお伝えしています。

01_keihatudouga.jpg

 

〇「やさしい日本語」とコミュニケーション10のポイント(話す編)【令和2年7月】

 「外国人おもてなしフォーラム」 (令和2年2月開催)のワークショップで実施した「やさしい日本語」のポイントをスライド動画で紹介しています。

02_point.jpg

 

〇医療現場への普及 ~動画教材『医療で用いる「やさしい日本語」』~【令和2年9月】

 「大学との定例懇談会」に参加する都内大学と、東京の政策課題の解決に向けて取り組む「東京都と大学との共同事業」の一環として、順天堂大学(共同事業者:帝京大学、聖心女子大学)と、外国人診療に役立つ「やさしい日本語」の動画教材を作成し、各医療機関が研修などでも広く活用できるよう、無料で公開しています。

03_iryou_gattai.png

 

〇新型コロナウイルスに関する東京都知事メッセージ(やさしい日本語編)【令和3年3月】

 約2か月半にわたった首都圏1都3県での「緊急事態宣言」解除を受けて、小池都知事が「やさしい日本語」でメッセージを出しました。

 

〇新型コロナウイルスに関する東京都知事メッセージ(やさしい日本語編)【令和2年11月】

 小池都知事が在住外国人のみなさまに新型コロナウイルス感染予防を呼び掛けるメッセージ動画を「やさしい日本語」で作成しました。

 

区市町村等向けの研修

 東京都生活文化局の職員が講師となり、「やさしい日本語」に関する研修を実施しています。

<開催実績>
 生活文化局職員研修、総務局総合防災部・統計部、産業労働局雇用就業部
 2020オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会実務担当者会
 東京都区市町村向けやさしい日本語に関する研修会及び情報交換会
 中野区役所、西東京市役所、八王子市役所、立川市役所、文京区役所
 東京出入国在留管理局
 東京都美術館&東京芸術大学「とびらプロジェクト」、文化庁学芸員技術研修
 東京都歴史文化財団多文化共生研修、多摩六都科学館成果発表会

 

「やさしい日本語」の活用事例や役立つツール等の紹介

下記のリンクをご覧ください!

 

「やさしい日本語」を活用した事業等

〇「東京都外国人新型コロナ生活相談センター」(略称:TOCOS トコス)【令和2年度】

 新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、日本語を母語としない外国人等からの多様な相談に「やさしい日本語」を含む14言語で対応しています。

 

〇「緊急事態宣言について 東京都からのお願い」【令和3年4月】

 令和3年4月26日(日)から5月11日(火)の間に発令された緊急事態宣言について、東京都から都民へのお願いを「やさしい日本語」でまとめました。

99-1_onegai1.png99-2_onegai2.png99-3_onegai3.png

 

〇「新型コロナウイルスワクチン接種のお知らせ」チラシ 【令和3年3月】

 新型コロナウイルスワクチン接種について、「やさしい日本語」でチラシを作成しました。

  23_vaccine_1.JPG  24_vaccine_2.JPG  

 

〇「年末年始コロナ特別警報」メッセージ 【令和2年12月】

 都では、年末年始コロナ特別警報の発出にともない、「年末年始に向けてのメッセージ 新型コロナウイルスうつさない ・うつらない」を「やさしい日本語」や多言語で呼びかけています。

 

〇「感染対策 短期集中」チラシ 【令和2年12月】

 短期間の集中的な対策で感染拡大を抑えるため、感染予防・防止対策の徹底をお願いするチラシを「やさしい日本語」で作成しました。

tankichuuchuu_tirasi.png

 

〇「新型コロナに感染しない、感染させない」ポスター・チラシ【令和2年11月】

 感染拡大防止を呼び掛ける「新しい日常の新しい会食のマナー」ポスターや個人向けチラシを「やさしい日本語」と多言語で作成しました。

  05-1_poster01.png  05-1_poster02.png

 

〇帰宅困難者対策ハンドブック【令和2年9月発行】

 災害発生時に、日本語を十分に理解できない外国人等への実践的な視点に立った対応として、「やさしい日本語」を紹介しています。

 

〇防災リーフレット【令和2年3月発行】

 外国人向けに、地震についての知識や災害時の適切な対応などを、イラスト入りで分かりやすく説明しています。

 

〇新型コロナウイルスのお知らせ【令和2年3月発行】

 東京都(とうきょうと)は 外国人(がいこくじん)のみなさんに やさしい日本語(にほんご)で お知(し)らせをしています。

「新(あたら)しい コロナウイルスの 病気(びょうき)について」(2020年2月28日)

 

〇外国人のための防災訓練【令和2年1月開催】

 在住外国人を対象に「やさしい日本語」と「英語」で体験型の防災訓練を実施しました。

 06_bousaikunren.jpg

 

〇東京都防災(語学)ボランティア研修【令和元年11月開催】

 都民特別公開講座として、「楽しく学ぼう!「コミュニケーションツールとしての『やさしい日本語』」」の研修を実施しました。
 (講師:聖心女子大学日本語日本文学科教授 岩田一成 教授)

 

「やさしい日本語」に関連するリンク集

〇東京都国際交流委員会「リビングインフォメーション」

 外国人が東京で暮らしていくために必要な情報を「やさしい日本語」で提供

〇2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会ポータルサイト「やさしい日本語」

 「やさしい日本語」の記事や資料、講演レポートを掲載

 

〇出入国在留管理庁・文化庁「在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン」【令和2年8月発行】

 「やさしい日本語」の中でも、特に書き言葉に焦点を当てたガイドライン。「やさしい日本語書き換え例」も掲載

 

〇(公財)横浜市国際交流協会「やさしい日本語」

 「やさしい日本語」を使う人に便利な情報やツールを掲載

 

〇医療✖「やさしい日本語」研究会

 「やさしい日本語」を医療者に紹介し、医療機関への導入・普及を図ることを目的に、『医療で用いる「やさしい日本語」-新型コロナウイルス検査編-』動画や研修会・セミナー教材等を無料で公開

07_kenkyukai.png

 

〇明治大学国際日本学部山脇ゼミによる「やさしい日本語」の取組

 明治大学国際日本学部の山脇啓造ゼミ(多文化共生論)では、キャンパスのある中野区を活動拠点として、「多文化共生のまちづくり」に取り組む

・「やさしい日本語ガイドライン」をわかりやすく解説する動画を制作

・Nakano Borderless~やさしい日本語市場(やさいち)~を開催(2020年11月8日)

・「やさしい日本語」によるコロナ関連情報や国民健康保険を紹介する動画を制作

・「やさしい日本語」紹介動画を制作

 

Get ADOBE READER

PDFファイルの表示にはAdobe system社の Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてお使い下さい。

このページに関するお問い合わせ先

都民生活部 地域活動推進課(国際交流担当)
電話:03-5320-7738