ページの先頭です
  1. トップページ>  
  2. 私立学校>  
  3. その他>  
  4. 高等教育の修学支援新制度(大学・高等専門学校・専門学校)
私立学校

高等教育の修学支援新制度(大学・高等専門学校・専門学校)

公開日:令和3年(2021)10月12日更新日:令和3年(2021)10月12日

大学・専門学校等に進学予定または在学中のみなさまへ

高等教育の修学支援新制度は、令和2年4月から開始された国の制度です。

経済的な理由で、大学・高等専門学校・専門学校で学び続けることをあきらめずにすむよう、授業料等の減免と給付型奨学金により、意欲のある学生のみなさまの「学び」を支えるものです。

どのような人が対象になるのか、どのくらい支援が受けられるのか、どこの学校だと支援を受けられるのか、次のページから確認できます。

支援対象となるための条件等について

・進学を予定している高校生のみなさま

詳しい条件や手続きについてはこちら(文部科学省ホームページ)をご覧ください。 

・大学・専門学校等に在学中のみなさま

詳しい条件や手続きについてはこちら(文部科学省ホームページ)をご覧ください。

支援を受けることができる学校について

修学支援の対象機関(確認校)となる大学等については以下のページで検索できますので、ご覧ください。

また、東京都立の大学・高等専門学校・専門学校及び東京都内の私立専門学校については、より詳しい情報が以下のページに掲載されておりますので、ご覧ください。

新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した学生のみなさんへ

新型コロナウイルス感染症の影響など予期しない事由により家計が急変した場合に、急変後の所得見込により要件を満たすことが確認されれば支援対象となります。詳細についてはこちら(文部科学省ホームページ) をご覧ください。

制度をご利用・ご検討の際は、以下の【制度の概要】をご確認の上、在籍をしている学校へお問い合わせください。

制度の概要

○高等教育の修学支援新制度(いわゆる高等教育の無償化)は、令和2年4月から開始された国の制度です。意欲ある学生が経済的な理由で学びを中断するようなことがないよう、授業料・入学金の免除または減額と、返還を要しない給付型奨学金を大幅拡充するものです。

○授業料・入学金の減免や給付型奨学金を受けるためには、まず学生が

・世帯収入や資産の要件を満たしていること(※1)

・学ぶ意欲がある学生であること

の要件を満たす必要があります。

○さらに、学生が在学する学校(または進学先の学校)が、「大学等における修学の支援に関する法律による修学支援の対象機関となる大学等(大学・高等専門学校・専門学校の確認校)」になっている必要があります。(※2)

○なお、令和3年4月から令和4年3月末までの間に「新規」で確認校となった学校については、令和4年4月から制度を利用することができるようになります。 

(※1)本制度においては、世帯収入等の要件について、原則、住民税情報に基づき確認が行われますが、新型コロナウイルス感染症の影響など予期しない事由により家計が急変した場合に、急変後の所得見込により要件を満たすことが確認されれば支援対象となります。

(※2)私立専門学校で修学支援制度を利用する際の留意事項

 本制度は、確認校が設置する「専門課程の学科」に学生が在籍するときに利用することができます。在籍する学科が「専門課程」ではない場合(例:「附帯教育(国家資格が取得できる一部の通信コース等を含む)」や「一般課程」として設置されている場合等)には、当制度を利用できません。

 

このページに関するお問い合わせ先

私学部 私学振興課修学支援担当
電話番号:03-5320-4239