ページの先頭です
  1. トップページ>  
  2. パスポート>  
  3. 手続ガイド>  
  4. 受領について>  
  5. 交付予定日を著しく過ぎてしまったとき
パスポート

交付予定日を著しく過ぎてしまったとき

公開日:平成24年(2012)10月22日更新日:平成24年(2012)10月22日
  • 申請後6か月以内であればパスポートをお渡しすることができます。
  • 万が一、6か月を過ぎてしまったときには、パスポートは自動失効するので、お渡しすることができなくなります。
  • パスポートの申請者は、旅券法第20条に基づき手数料の納付が義務づけられていますが、パスポートを受領しない場合には手数料が未納となり、多大な行政コストが無駄になります。そのため、次にパスポート申請するときには、受領しなかった具体的理由を「未交付失効旅券届出書」に記入の上、提出いただくことになります。
  • 切替新規発給申請又は訂正新規発給申請した方が発行されたパスポートを受領しなかった場合には、申請時に提出していただいた前回パスポートも処分しますので、ご注意ください。
Get ADOBE READER

PDFファイルの表示にはAdobe system社の Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてお使い下さい。

このページに関するお問い合わせ先

東京都パスポート電話案内センター 
電話番号:03-5908-0400